ブログ

体験入学受付中

HOME // ブログ // 感情と心の違いを学べるやまと情報推命学

ブログ

CATEGORY


ブログ やまと情報推命学

感情と心の違いを学べるやまと情報推命学



先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんきたいせいきょう)は、日本最古の古文書で、国書として推古天皇、聖徳太子、秦河勝たちが関わって、世界の叡智を編纂したものです。そこには、一人ひとりの才能を輝かせるためのノウハウが書かれている実用書です。先代旧事本紀大成経の研究家である父・木村忠義先生は、日本発の易学として情報推命学という学問を確立した、ただ一人の存在です。昔は、経営者、人の上に立つ者、教育に携わる者は易学を学んでいました。これからの時代は、日本が世界を引っ張っていく時代だと言われています。易学は大自然の営みを学び、大自然の動きと自分自身の動きを共鳴させることを学び、一人ひとりの才能を見つけ、活かし、結果を出す方法を学びます。

易学で学ぶことの一つに、感情と心の違いがあります。感情は臓器の反応です。心は才能・可能性を引き出すために育むものです。心は本来持っている才能を引き出すための鍵になりますが、心を邪魔するのは感情です。

感情は、怒り、そねみ、妬み、有頂天、慢心、エゴ、正論を振りかざすなどです。
五感を豊かにすることで心が育まれますが、怒りすぎ、有頂天になるなど、いき過ぎると、美しく豊かな心を破壊します。

何事も、いきすぎるのは毒になります。

ちょうど良い感情を持つことが、才能を引き出す条件です。

 

*********

ほぼ毎日届くやまとしぐさのメールマガジン。毎月550円で日本の秘密が学べます。
有料メルマガを取っていただくと、メルマガ会員様となりますので、いろんなイベントやグッズを会員価格で購入することが出来ます。
お申し込みはこちらよりお待ちしております。


まずは7日間無料体験メルマガで体験してみてください。無料メルマガのお申し込みはこちらよりどうぞ。

先代旧事本紀大成経の日本神話は、古事記とは奥深さが一味も二味も違います。
会員のおかの あけみさん、娘のゆりこさん作の紙芝居。ご家庭・幼稚園に1冊いかがでしょうか。
日本書紀生誕1300年を記念して、今年に限り、1冊ご購入いただくと無料で出張公演いたします。
読み聞かせはYou Tubeでお試し視聴可能です。
紙芝居のご購入はこちらよりどうぞ。

週に2回配信、やまとしぐさYouTubeお稽古。ご視聴・チャンネル登録お願いします。

情報推命学鑑定士が贈る今日の開運アドバイス「今日のやまとしぐさ的な生き方」

辻中公の講座を体験してみませんか。各講座1回3000円です。
LINE公式アカウントにお友だち登録いただきますと、千円割引クーポンを利用して2千円で受けることが出来ます。
講座日程はこちらをご確認ください。お申し込みはこちらよりお待ちしております。
SHARE
シェアする

ブログ一覧